異界

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「異界」の項目を執筆しています。
Pixiv
同人マニアのために、ピクシブ百科事典では同人ゴロとその愉快な仲間たちが「異界」の記事を執筆しています。

異界(いかい)とは、近年渡航者が増加している観光地域の総称。異世界とも呼ばれる。

概要[編集]

「異界」はそもそもが「自分達が所属している場所とは異なる場所」を示しており、日常を離れた慰労先として人気が高い。この地域区分けは洋の東西を問わないもので、英語では異界から来た人々を「Alien(エイリアン=異邦人)」と呼称する。

かつては航行技術や運搬手段の未発達により、「異界の住人につれていって貰う[1]」「何の気なしに、ふと入り込む[2]」という半ば偶発的な渡航が多かったが、現在では任意の往復が手軽化している。その為か、異界への旅行をモチーフにした小説アニメ作品は90年代以降増加の一途を辿っている[要出典]

ただ手軽化したとはいえ異界は異界であり、希にではあるが迷い混んで帰れなくなるケースもある。異界は異国とは異なり渡航にビザなどが不要である分、入出界の管理が行き届き難い。異界旅行の際には、周囲への声かけや連絡手段の確保も必要と言える。

アクティビティ[編集]

異界でよく見られる、極端な体型の女性。

異界渡航者の間で人気なのが、土着の害獣狩りやオリエンテーリングである。特に害獣狩りは、普段の生活ではまず扱わない重刀剣や魔導具を気軽に使って全身で楽しめるため世代を問わず行われている[3]。渡航者であっても地元商工会(ギルドと呼ばれる事が多い)への登録が済めば、パーティ結成や報酬受け取りの権利が生じるので滞在中の生活費を害獣狩りで賄う事も可能。

また異界食材を使ったグルメツアーなどもあり、普段は手に入らないスライムマンドラゴラの料理がたのしめるとあって女性客からの支持が強い。一方男性向けとして、サキュバス等現地の娼婦を巡る買春ツアーも存在する。こちらは公序良俗を意識して大々的なPRはまずされないが、異界の色町には観光客向けの案内施設が必ずといっていいほど置かれており、画像のように普段は見かけないような極端な体型やスキルの風俗嬢との一夜を異界の思い出として帰路に着く男性も非常に多い。

脚注[編集]

  1. ^ 天狗や仙人と呼ばれるツアーガイドが付く場合が多い
  2. ^ 霧の深い森や黄昏時に迷い混むケースが典型的。
  3. ^ ただし15歳未満は参加非推奨の地域もある。

関連項目[編集]

Bouncypotato.gif
この記事「異界」は何故か「パラレルワールド」とネタや題材がダブっています。どちらが真実なのかは神のみぞ知ります。