第一次世界大戦

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
この記事は、en:World War Iから翻訳されたものです。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「第一次世界大戦」の項目を執筆しています。

第一次世界大戦は、大ヒットした「第二次世界大戦」の人気にあやかろうと、ミャンマーのドキュメンタリー映画監督ジョージ・ルーカスが1972年に制作した作品である。この作品は、古典的な『ワールド・ウォー』シリーズのもうひとつの前日譚であり、他のタイトルよりも第二次世界大戦に直接結びついている(そのため、しばしば『ワールド・ウォー エピソード0』と呼ばれる)。この映画は、そのエッジの効いた暗いテーマと、撮影現場での大量の死者(推定1600万人)により、映画の発表時点から既に批判され続けられた。

ストーリー[編集]

1914年、ヨーロッパの国々の間では、今となってはあまり関係のないくだらない戦争による古い恨みから、互いに憎しみを抱くようになっていた。反対に互いに好意を持っていた人たちは連合国と呼ばれるDiscordサーバーに参加することにしました。一方、恨まれ、ハブられた者たちはなし崩し的に別のサーバーを作って集まることにしました。後の中央同盟国です。

ある日、悩める10代の若者が、オーストリア・ハンガリー帝国の指導者であるアーノルド・シュワルツェネッガーを、単にオーストリア人だからという理由で暗殺しようとたくらんでいました。オーストリア・ハンガリーが中央同盟国に参加していなければ、このような騒動は起こらなかったのですが、残念ながらこのニュースはDiscordで大炎上し、すぐに同盟国のメンバー全員が、ロビー・ロッテンのような奇妙な男のことで本当に辛くなってしまいました。そして、自分たちを嫌っている大きな同盟の国々を落ち着かせるために、どの国もできる最善の方法として、その国を攻撃したのです。情けないオーストリア人が攻撃したことに対して、恥ずかしいセルビア人がこれに反撃した。このセルビアへの攻撃は、連合国のDiscordにいる本当にどうしようもない友人たちを激怒させ、彼らはすぐに他の国を攻撃し始め、最終的に第一次世界大戦というクソッタレの嵐になってしまったのです。

西部戦線[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ヴェルダンの戦い」の項目を執筆しています。

戦争が始まって間もなく、ドイツの指導者である海賊のような男フランスを攻撃することを決め、フランスはいつものように勇敢にヴェルダンまで退却しました。明らかにヴェルダンを迂回することができたにもかかわらず、なぜかドイツはヴェルダンに突撃して敗北しました。その結果、ドイツはイギリスを激怒させたので、フランスとイギリスはドイツとの戦争を始め、それを眺めていたアメリカが飽き飽きして仲裁に入るまで続いた。フランスとイギリスはアメリカのおかげで最終的に「勝利」しましたが、そうでなければ戦争はどちらかが全滅するまで続いていたでしょう。

連合国は誰も好まない圧迫的な条約でドイツ人にセクハラを始めましたが、これに逃れようと必死になったドイツは、小さな口ひげを生やした怒ったオーストリア人の男に国を委ねることにしました。イタリアは第二次世界大戦の時もそうでしたが、戦争のほとんどの戦いにおいてオーストリア・ハンガリー帝国にボコボコにされていました。幸運なことに、事態は好転し、イタリアは戦争には勝利しました。戦後、イタリア人は土地獲得のために大金を手にしたのですが、これに怒ったあるイタリア人の小人が政権を取り、ファシズムが誕生することになりました。

東部戦線[編集]

その後、セルビアがオーストリアとブルガリアに集団レイプされていたことに対してロシアは怒っていましたが、その頃のロシアは超怠け者のデブだったので後でゆっくり攻撃することにしました。その間にオーストリア・ハンガリー帝国とドイツはドナルド・トランプのように、ロシアの西の国境に防衛的な壁を作ることに成功し、ロシアが中央同盟国を「攻撃」した時には遅すぎて、完全に善良な若いスラブ人男性の集団が、何の理由もなく死んでしまいました。最終的には、レーニンという名の間抜けな男がこれにうんざりしてロシア政府を乗っ取り、ロシアを圧政と無意味な戦争から解放しましたが、彼は新たな抑圧的な政権の下で貧しいスラブ人を抑圧しました。このロシアの物語の結末は、物語全体の中で最も大きな筋書きの変更でした。

中近東戦線[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ガリポリの戦い」の項目を執筆しています。

ヨーロッパとは全く関係ない場所でオーストラリアは、石油だの何だのと言って、自身の石油問題を解決するためにどさくさに紛れて中央同盟国の一員であるオスマン帝国を攻撃することにし、ガリポリに侵攻しました。この海岸侵攻は、ノルマンディーの戦いの知恵遅れの従兄弟でしたが、その後、イギリスは中東で大暴れし、アラブ系イギリス人のトーマス・エドワード・ロレンスの助けを借りて、オスマン帝国を倒しました。

倒したのはいいものの、フランスとイギリスは手に入れた新しい砂漠の荒れ地をどうすればいいのかわからず、石油とガラスを作るための砂しか得られなかったので砂漠の野蛮人に返したのですが、不幸にも適当に作った国境を取り除くのを忘れてしまい、このはた迷惑な置き土産は瞬時に現在の中東諸国を形成し、様々な背景を持つ人々がお互いに暮らしているため、何の問題もないのにくだらない内戦が勃発してしまいました。

このときの中国[編集]

世界が戦争で混迷している最中、中国ではまた馬鹿な王様に支配されるかどうかで揉めて、たった2年しか続かないでたらめな帝国を作ってしまった。うわー何て時間の無駄なんだ。 ちなみにこの時日本に中国の青島を攻撃されたりしてる。

エンディング[編集]

全体的にハッピーエンドとは言えない結末でした。そもそも始まっていないはずのくだらない争いのために、人々は家や人生を破壊されたのです。第一次世界大戦を簡単に説明するとこんな感じです。とっとと終われ。

評価[編集]

主人公[編集]

政治面では、2つの同盟が誕生していった。まずアメリカとイギリスは、後のエピソードで重要な役割を果たすことになる。また、映画ではアメリカとロシアのちぐはぐな関係の背景も見られる。映画の序盤は、ロシアとイギリスが「敵の敵」という関係になっており、劇中ではロシアがイギリスを見殺しにしてドイツ軍を野放しにしてイギリスを粉砕するという光景があります。この「裏切り」は、いつものようにアメリカが乗り込んできて「窮地を救う」ための、かなりわかりやすい筋書きだったと多くの人が主張していいる。なぜなら、人々は自分たちで問題を解決するのが面倒だからです。映画評論家からは、「飽き飽きしている」「独創性がない」と酷評されましたが観客には大受けだった。

コミックリリーフ[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ニヴェル攻勢」の項目を執筆しています。

フランスは、このシリアスな作品においてはシュールな笑いを引き出す不幸なコミックリリーフの役割を担っている。これは、第二次世界大戦で観客から非常に否定的な評価を受けた迷惑なイタリア人の小人よりも前面に出ている。フランスはドイツの猛攻に耐えらず、絶体絶命な事態に陥っているのにも関わらずひたすら挑戦し続けるのだ。観客は、「やんちゃなフン族をやっつけよう」というコミカルで壮大な計画に夢中になって、その計画が失敗に終わることをよく知っていて、笑いが止まらないのです。この天才的な喜劇の良い例が、1917年のフランスのニヴェル攻勢である。

ドイツ軍をフランスから追い出すことを目的としたこの戦いは、最初から失敗に終わっているものであった。ヴェルダンの戦いに「勝利」した後、あの小さなバゲットの男たちは、実際にはドイツの最高司令部が退屈して去ってしまったにもかかわらず、何か致命的な打撃を与えられたと確信を持ってしまったらしいのです。もちろん、第二次世界大戦でも同じような光景が見られるが、ここでは、最初の数フレームでフランスがその映画から脱落してしまったという苦情に対して、監督は明らかにこれを解消しました。また、この映画では、第二次世界大戦でアメリカが大きく取り上げられすぎたため、第一次世界大戦では最後の5分間だけアメリカを登場させている。イギリス軍が何時間も勇敢に戦った後、アメリカの歩兵たちが戦場で踊って勝つという設定です。

ソンムの戦いでは人類史上初めて戦車が実戦投入された。

この映画で最も笑えるのは、イギリスが「戦車」と呼ばれるかわいいトラクターを発明し、それをドイツに送り込んだ場面です。ソンムで300台の金属製の車輪付きの箱がドイツ軍の要塞に突撃する様子は、それはもう、とても滑稽であった。

反対意見[編集]

反面、多くの人はこの映画があまりにも政治的で、一国の皇太子の死から全面戦争へと論理を飛躍させるのが難しいと批判があった。当初はオーストリア・ハンガリー帝国が主人公で、少なくとも彼らの行動には多少の弁解の余地があると思われていたが、ここでも演出と脚本は、ドイツ・オスマン帝国も同じ大まかな筆で描くという、試行錯誤を繰り返していた。

敵役たちは基本的にほとんど「アニメの悪役」のような存在になっている。印象的なシーンとしては、主な敵役である西欧の邪悪な皇帝(海賊のような外見)が、自分が計画した最新の卑劣な行為を笑いながら実際に口ひげをくゆらせている。皇帝の主な部下であるマンフレート・フォン・リヒトホーフェン(「レッドバロン」)は、ほとんど無敵のように見え、連合軍の戦闘機の波を無傷で切り抜けていく。この無敵の悪役は、多くの人がアンチクライマックスと見なしたように、イギリスのプレミア、ジュディ・ガーランドが演じるカンザスの農家の娘に、バケツの水と攻撃用の犬を持って倒されることになる。

感想[編集]

★★★☆ 

「第一次世界大戦」はかなり地味な終わり方をしているが、これは「第二次世界大戦」という超大作の前日弾であることは間違いない。しかし、これはもっと多くの作品を望むファンにとっては使い古された言い訳にしか見えず、逆にフランチャイズの創造性の破綻を示していると考えられています。また、第二次世界大戦の人気に便乗した劣悪な作品であると見る人も多いです。この映画は、「熱狂的なファンが列をなして待つ」というカテゴリーに入るが、ストーリーを冷静に見る人は、ただDVDの発売を待つだけかもしれないと私は反対の意見を述べたいと思う。後の作品で起きた出来事の根拠や原因について疑問を解消するためにも、この映画を見ることをお勧めしますが、名作である第二次世界大戦に比べると見劣りします。

関連項目[編集]


軍隊の兵士による兵隊のための軍事スタブ この第一次世界大戦は、敵軍によって占領されています!!
このページを開放するには、アンサイクロペディア軍の意地という物を証明してみてください!
健闘を祈っております!敬礼!! (Portal:スタブ)
柿.jpg 下ネタ記事執筆コンテスト2010
Upsidedownmainpage.jpg 執筆コンテスト
本項は第40回執筆コンテストに出品されました。