肌色

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
「肌色」は差別語です
2005年以降、この用語は人権擁護法違反となります。

肌色(はだいろ)とは、その名の通り肌の色のことである。

概要[編集]

日本では昔から肌色は橙とを混ぜたような色を呼称するために使われてきた。日本人日本列島に閉じこもり、主に中国人など日本人と同じ黄色人種としかかかわりのなかったころは何の問題もなかったが、現代では様々な肌の色の人々と交流することとなったため、後述するような様々な不都合が生じている。

主な肌色[編集]

以下は肌色は人によって違うとらえ方をされるという具体例である。

日本人などの黄色人種
橙と白を混ぜたような色
ヨーロッパ人などの白人
ピンクと白を混ぜたような色
アメリカ南部の白人
レッドネック
アフリカ人などの黒人
こげ茶色
酔っ払い
濃いピンク
死人
ステレオタイプの宇宙人
黄緑色

問題[編集]

前述したとおり、たいてい日本では肌色は橙と白を混ぜたような色のことを肌色と呼ぶが、諸外国では肌の色が違うために認識の違いが起きる。たとえば黒人と会話する際に肌色のハンカチを下さいと言えば茶色のハンカチをもらうことになるのだ。人権擁護団体は肌色と呼ぶのは人種差別につながるからやめろと広報活動にいそしんでいるが、グローバル化が進んだ現在、肌色というのは人により全然違うので、前述のハンカチの例のように色を指定する取引に対し不都合が生じる恐れがあるので、この呼称が淘汰されるのは時間の問題だろう。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「肌色」の項目を執筆しています。