親指

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
この記事には冗長性が不足しています。
改善には十分なメモリーとブロードバンド回線と大きなディスプレイ友情が必要です。
アンサイクロペディア法
を熟読した上で、分量を増やして下さい。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「親指」の項目を執筆しています。

親指(サム!)とは人間にある他の指とはちょっと違うである。

特徴[編集]

親という割に一番短く、やや太り気味である。また、どっちの親なのかもよくわからないが筆者は母からこれは「お父さん指」だと習った。でも頭の固い人の読む本にはこれは「拇指」つまり「お母さん指」って書いてある。どっちが本当なのだろう? もしかしてこの指は両性具有なのかもしれない。それなら他のどの指ともくっつけられるのも納得がいく。

後ろに反りかえるタイプとそうでないタイプの人間がいるが、反り返ったところでなんの得もないので気にすることはない。

使い方[編集]

人間の指が便利なのはひとえにこの親指のおかげだろうね。この指と他の4本の指の間に物を挟んだり、握ったりすることで道具を使ったりもできる。でも近頃は何でもオートメーション化が進んでるから全部ボタンを押すだけで済むようになったら、人差し指以外全部退化しちゃいそう(プログラマーインターネット中毒者は親指以外は残り、親指シフト愛用者は退化しないと思う)。

関連項目[編集]