足の親指

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「親指」の項目を執筆しています。

足の親指(あしのおやゆび)とは二足歩行する霊長類の間では2番目にタンスの角にぶつけやすいである。隣にある足の人差し指と仲良しだが、外反母趾に罹っていると人差し指を傷つけようとしてくる。指の中で一番短いだの不細工だのと言われているが、歩行には大きな役割を果たしていて、もしこの指を切除してしまった場合は歩行への障碍が最も大きい。特に糖尿病によって壊死しやすい。

役割[編集]

の指のリーダーである。からは、他の指とは独立した操作系統が与えられている。その証拠に、目を閉じて片足立ちした際に足の親指の関節を動かし足の重点バランスを調節したならば、決して転ぶことはない。もっとも、目を閉じて片足立ちをするような珍妙な事態には、普通の生活を送っている限り、めったに遭遇することはない。

諸事情(など)で手がそこまで動かない場合は、足の人差し指と協力して物を掴むことができる。これに対し手の指たちは、内心では足指を奴隷エタヒニン扱いしている。足で物を掴むのは「お行儀が悪い」として、しつけられる(性的な意味で)ことが多い。

「靴を履かない裸族は、足の親指を動かして踏みしめる地面の段差に対応する」(左の一文は某裸族が寄せたコメントを強引に日本語訳したものである。あなたが裸族でないなら、意味がわからなくても差し支えない)

足の親指の本音[編集]

  • たまには爪の垢を取って!
  • 忘れないで爪切ってよ! タンスにぶつけたら割れちゃう!
  • 足の小指が関節で私の真似してる!
  • そんな靴履いてるから蒸れて人差し指との間が水虫になる!
  • 靴下が湿って冷たい!

関連項目[編集]