鈴木亜久里

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
この記事にはユーモアが不足しています。治療には十分な栄養と日光愛情錆びないユーモアが必要です。
ユーモアの摂取方法にも十分気をつけましょう。

鈴木 亜久里(すずき あぐり、1960年9月8日 - )は、日本の元F1ドライバー。引退後はレーシングチーム代表。 眉毛技術の祖としても知られる。

現役時代[編集]

国内時代[編集]

1972年にカートデビュー。当時カート協会の実力者であった亜久里の父親が、レースで亜久里と競り合った相手を殴り倒して恫喝するなどして蹴落とし、また同い年のライバルの事故死などにも助けられ見舞われるものの、めきめきと頭角を現す。

その後F3、F3000とステップアップし、のちに宮崎勤をイメージキャラクターとして起用し有名となった日産・ラングレーのCMにも出演したが、そんなことは誰も気にしていない

F1時代[編集]

1988年日本GPにスポット参戦する形でデビューし、母国のF1ファンが見守る前で幾度となくスピン鋭いコーナリングを披露する。翌年にはザクスピードという、そのガンダムチックなネーミングからレースファンの間で伝説となっている弱小チームからフル参戦し、全レースで予選にすら出られない予備予選落ちという離れ業を演じ、「捨てちゃえよ、こんな車!!」と捨て台詞を残しヤマハと縁を切った。

1990年の日本GPでアジア人(及び日本人)初の表彰台にタナボタ上がったが、そのレース以外では常に下位の常連で、レース後のインタビューで不振に終わった理由について常に「ギアがね」と言い訳する姿ばかりがファンの印象に残った。特に有名な言い訳としては「電気系統」がある。何でもかんでもとりあえず電気のせいにすればよい、という発想からその後のハイテク時代に全く適応できず低迷する。ついにはウエットレースにて「雨が入ってペダルがすべった」などと物理的にありえない言い訳を残すことになる。

言い訳を重ね続けた罰が当たったのか、翌1991年は開幕戦こそ6位入賞を果たすものの、それ以降は一度も完走できなかった。1992年・1993年にはとうとう一度も入賞することができず、F1界からひっそりと姿を消す

1994年は第2戦パシフィックGPにスポット参戦するも、結果はお察し下さい。レース後、レポーターから「次のレース、頑張ってください」と言われかけた所、「次、無いんだよ」と返答。ユーモアの何たるかを身を以って伝える。

1995年、日本GPの予選アタック中にS字コーナーでクラッシュ。肋骨とともに心まで折れた彼は、翌日のレースに出走することなくF1からの引退を表明した。

オーナー時代[編集]

2006年、スーパーアグリF1チーム(SAF1)を結成してF1に参戦。かつて亜久里は、長くF1最弱チームとして君臨してきたミナルディを「何のために参戦しているのか分からない」と馬鹿にしたことがあったが、奇しくもそのミナルディが2005年限りで撤退した翌年から、自らが最弱チームのオーナーとしてF1に参戦することになった。参戦1年目の成績はお察し下さい。

2007年にはホンダと協力して開発した新型マシンを投入し、開幕戦オーストラリアGPで中段に食い込む健闘を見せた。しかしライバルチームから、そのマシンが昨年のホンダのマシンの模倣品であり、全チームが独自のマシンを使用するF1のレギュレーションに反すると訴えられた。この年は佐藤琢磨が複数回ポイントを獲得するなど、一時は本家のホンダを上回る活躍を見せて注目を集めた。

しかし、スーパーアグリの活躍を快く思わないチームがあった。誰あろうホンダである。ホンダはスーパーアグリに対してどこの馬の骨かわからない国の架空会社をスポンサーとして紹介したり、亜久里と彼の仲間がホンダのお下がりカビ生え出来損ないマシンを必死に改良してなんとか形になったところで「うちのマシンを勝手にいじって使うことは許さん」と取り上げたり、チーム買収・再建に名乗りを上げた企業とスーパーアグリとの契約交渉を妨害したりするなど、陰湿かつ露骨ないじめを繰り返すようになる。

かつてF1最強を誇ったチームとは思えないほどの器の小ささである。おやじさん音速の貴公子も草葉の陰でブチ切れているに違いない。

2008年、ホンダのいじめに耐えられなくなった亜久里は5月のスペインGPを最後にF1からの撤退を発表。財政難のチーム状況を「次、無いんだよ」と言い放ち、その後チームは破産。自らの同様の発言から14年経ち、ユーモアを失った日本にユーモアの何たるかを再び身を以って伝えることとなった。

エピソード[編集]

Pixiv
同人マニアのために、ピクシブ百科事典では同人ゴロとその愉快な仲間たちが「鈴木亜久里」の記事を執筆しています。



その後 鈴木亜久里の行方を知るものは 誰もいなかった・・・・・・、が、



突然の復帰発表[編集]

2014年度から開催される電気自動車によるフォーミュラカー選手権『フォーミュラE』に「スーパーアグリ・フォーミュラE」として参戦する旨を発表し表舞台に復帰。さて、今度はどのような言い訳コメントが新たに発せられるのか非常に注目されていたが、2015-2016年にシーズンに撤退してしまった。「電気自動車」のレースなだけに、まさに「電気系統」な訳ですから・・・。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「鈴木亜久里」の項目を執筆しています。
にーこにっこどーが♪
ニコニコ動画中毒患者のために、ニコニコ大百科ではニコ厨たちがお金をかけてまで「鈴木亜久里」の項目を執筆してくれています。


ビブ君.png この項目「 鈴木亜久里 」は、ピット作業中です。
一刻も速くコースに復帰させるために給油とタイヤ交換をしなきゃ!さ、急いで! (Portal:スタブ)