香椎由宇

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
この記事にはユーモアが不足しています。治療には十分な栄養と日光愛情キノコが必要です。
ユーモアの摂取方法にも十分気をつけましょう。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「香椎由宇」の項目を執筆しています。

香椎 由宇(カシイ ユウ、1987年2月16日 - )とは、日本の女優である。神奈川県出身。ホリプロ所属。テレビドラマ「東京タワー~オカンとボクと、時々、オトン~」では主演を務めたが、この4月からカナダへ3ヶ月間留学することが発表された。以前から「日本を好きになれなかった」と話していたため、このまま戻ってこないのではないかともいわれている。

一説によると、「持田香織の変装ではないか?」とも言われている。

福岡県福岡市香椎から山口県岩国市由宇町まで走る私鉄沿線を『香椎由宇線』と名づけた。

デビュー以前[編集]

小学校の6年間をシンガポールで過ごした。本名は香椎悠子という。なぜ本名が知られているかというと、中学校時代に本名で読者モデルとして雑誌に登場していたからである。

デビュー当時[編集]

デビューのきっかけは、父親の後輩が彼女の写真をホリプロのマネージャーに渡したことだという。デビュー当時のインタビューでは、「夢はハリウッドに行ってアカデミー賞を取ること」と話していた。デビュー早々にドラマ、「ウォーターボーイズ」に主演した。

映画ローレライ[編集]

彼女の代表的出演映画は「ローレライ」である。この映画は、コアな映画ファンから「名俳優をたくさん出演させて駄作を作った」「作った奴エヴァンゲリオンの見過ぎ」などと散々に酷評されているが、その中で彼女はハンパではない存在感を見せている。「日本人の血を引くユダヤ人の少女でナチスによって人間兵器に改造された」という気違いじみた役設定だったが、彼女が余りにエキゾチックな顔立ちなので、それほど違和感がなかったのが笑える。この映画は彼女以外にほとんど女性の出演者が出てこない異常な映画だったので、女同士が苦手な彼女には居心地が良かったのかもしれない。

その後[編集]

ドラマ「女系家族」「マイ★ボス マイ★ヒーロー」映画「リンダ リンダ リンダ」などに出演した。交際が噂されたオダギリジョーと婚約、結婚。

月9ドラマ、東京タワーの主演となり、絶頂期にあった2007年、彼女はカナダへの留学を発表した。留学の理由は、彼女の在学する目白大学では卒業するまでに3ヶ月間の留学が義務付けられているからであったが、これほど仕事に恵まれているのに大学の方を取ったのは不自然とも言われ、彼女がこれまでにインタビューで「日本を好きになれない」「日本に違和感を感じる」という旨の発言を何度もしていたので。「これを最後にもう二度と戻ってこないのでは?」という説も流れている。

東京都知事選のポスター[編集]

2007年都知事選挙のイメージキャラクターを務めることになった。

彼女の家族[編集]

  • 祖父は米国人の新聞記者であり、彼からカメラをもらったことがきっかけでカメラ好きになったという。東京タワーではカメラマンの役を演じていた。
  • 香椎という苗字で彼女以外に有名なのは226事件で有名な香椎浩平中将という人物である。香椎姓の世帯は日本に30世帯ほどしかいないらしいので何らかの血縁関係があるのかもしれない。
  • ウズベキスタン代表MFのカシーモフは彼女の遠縁である。

CM[編集]

何かと文句が多く使いづらいという彼女だが、完璧な美肌と歯列の持ち主であるため、化粧品のCMには多く出演している。その動画はyoutubeで探すことができる。

関連項目[編集]