3蜜

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
3つの密から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
出典: 八百科事典アンサイクロペディア(大丈夫、本当の項目名は3密だから。君は間違っていないよ。
Wiki-globe.png
アンサイクロペディアの内容じゃないよう
このページの記述には事実が多いので頭の固いウィキに書くべきです。
とっととばかばかしく編集するか、こっちの方に書いてください。そうでないと誰か怒られちゃうよ。
「密です!ソーシャルディスタンスを保ちましょう!」
3蜜 について、某都知事

3蜜(さんみつ)とは、人類まともな人間として生活するために必要不可欠な3種類のの総称を指す言葉である。なお、ほとんどの場合「密」という漢字が使われるが誤植である。がそんなこと誰も知らないので誰も気にしない

このように、さえも堂々と誤植を使っている

概要[編集]

複数の人(主に3~4人以上の場合を指す)がある程度の近い距離での接触をするときに必要とする。人類があくまでも「一種類の動物」にすぎない以上、また古来より現在に至るまで発展させてきた経済や社会の仕組み上においてもそのすべてにおいて「人同士の接触」が極めて重要であり、そのためのこの蜜も増加の一途をたどってきた。

歴史[編集]

古代[編集]

3蜜は、今から156万年前ごろには既に存在したとされる。ちなみにこの時代の三つの蜜は、の蜜、ローション、そして検閲により削除である。当時の人類は天敵などから身を守り安全に過ごすために数人の集団で岩穴洞窟などの閉鎖された空間で生活しており、またアーン♥♥する際も2人間でこの蜜の使用は避けることが不可能であった。

中世[編集]

Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

近代[編集]

公衆衛生の悪さが原因とされるヨーロッパでのペストの流行や、スペイン風邪の世界的大流行などによる反省をふまえた衛生環境の急激な発達や、医学の発達により、はちみつが乳児にとって危険なボツリヌス菌を発生させるのと同様に、3蜜もまた様々な感染症の可能性を秘めていることが次第に明らかになっていった。しかし、この蜜は人間の生活には衣食住と同じレベルの重要度を持っていたため、病院などの一部を除いて別に誰も気にしなかった

現代(少し前まで)[編集]

近年の交通手段の発達などによるグローバル化の急な進行や、また人口増加(日本では東京一極集中など)の影響もあって、一時期この蜜の使用は主に大都市部でこれまでとの比にならないほどのスピードで増加し始めた。またこの蜜も関連する新興感染症が多く発生したことで、いまだこの蜜を原始的に使っている発展途上国は大ダメージを受けた。一方で、多くの国では様々な科学技術の急速な発達により、zoomAmazonなどのサービスをフル活用することにより人同士の接触に必ずしもこの蜜を必要としないような状況にもなった[1]

現在[編集]

上記の事に加えて、新型コロナウイルス急速な拡大で、この蜜は一転人々から忌み嫌われるようになり、世界中で使用量が急速に減少しつつある。なお、これにより人類はいよいよ動物ではなくなってしまった[要出典]

この蜜の使用を無駄なやり方でできるだけ避ける一般人の皆さん。

この言葉の誕生経緯[編集]

2019年中国湖北省武漢市で突如発生した新型コロナウイルスが拡大した時、この蜜がウイルスを広めている大きな要因であることが判明し、今まで当たり前として受け入れられてきたこの蜜が規制の対象になった。それを多くの国民に周知するために、小池百合子都知事によって製作され、一気に流行した。またその勢いに乗って、2020年ユーキャン新語・流行語大賞の年間大賞を受賞した。なお、受賞したのはやっぱり小池氏である。

脚注[編集]

  1. ^ ただしアーン♥♥する場合はどうしても物理的接触になってしまうため除く。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「3密」の項目を執筆しています。
やめられない、止まらない この記事「3密」は病気にかかっています。
どうかこのかわいそうな記事が早く治るように、治療をしてあげてください。
お願いします。 (Portal:スタブ)