Eテレ2355

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「Eテレ2355」の項目を執筆しています。

Eテレ2355NHK Educational TV 2355)とは、NHK月曜日金曜日の23時55分から0時00分までの5分間に放送する、究極の芸術&癒し番組である。

概要[編集]

『皆さん、こんばんは(こんにちは)。ご機嫌いかが?2355の、時間です。今日の終わりに、ちょっと一息。勉強中の人も、一休み。……2355。」

2355はいつもこの歌と2355の数字から手足が生えた人のOPから始まる。

番組内容[編集]

日めくりアニメ
その名の通り、日めくりカレンダーを1枚めくるアニメ。朝の番組「0655」でも放送される。焼き芋屋のおっちゃん、無精者、発明好きの市長などのはもちろん、ネズミに利用されたネコ、不思議な生物、マシン、掃除機の大尊寺ナツコなど、およそ考え得るありとあらゆるものがおよそ考え得るありとあらゆる手段でカレンダーをめくっていく。
ねこのうた・犬のうた
朝の番組「0655」でも放送されるコーナー。「2355」では、毎月1日・2日・11日・22日のみに放送され(金曜日の「夜ふかしFRIDAY」を含む)、毎月1日・11日に「犬のうた」、毎月2日・22日に「ねこのうた」が放送される。
1 minute garalley
これを理解せずして芸術を語るなかれ。NHKが招聘した究極の芸術家コンビ「John Wood and Paul Harrison」が、1分の間に他のどんな芸術家も裸足で逃げ出すであろう筆舌に尽くしがたい作品を披露する。たまにこのコンビに代わってメタルアーティスト「Arthur Ganson」が、これまた他のどの芸術家の追随も許さない究極の「Machines」を披露することもある。2012年4月からは「Koki Tanaka」という日本人も加わったが、もはや何をやりたいのかすら分からない。彼が前述の3人から影響を受けたことだけはよく分かる。
トビーのつぶやき
トビハゼのトビーが、1日を振り返ってつぶやく。
おやすみソング
不眠症患者の多い現代を憂慮して、だいたい番組の最後に流される癒しソング(0655の「おはようソング」とほぼ同じ内容のコーナー)。アーティストが豪華。あのデーモン小暮閣下が降臨なされてお歌いになることもある。
  • ディオファントスの一生……「代数学の父」と呼ばれるディオファントスの性生活を紹介する歌。

一生の6分の1は少年で、 12分の1ののちがのび、 7分の1たってから結婚した。 5年たって息子が生まれたが、 息子は彼の半分しか生きられず、 息子が死んで4年たち、 彼はその一生を終えました。

  • toi toi toi……うまくいくという意味だけの歌。byデーモン閣下。ダンス付き。
  • factry of dream……「DREAM」のたった5文字だけを製造する工場のアニメ。
  • 龍安寺の歌……京都のお寺、龍安寺についての歌。龍安寺は右京区にある。
夜ふかしワークショップ
金曜日の「夜ふかしFRIDAY」に放送されるコーナー。別名を「実体験する豆知識」という。爆笑問題太田光がナレーションで、相方の田中裕二が出演。
金曜アニメ
金曜日の「夜ふかしFRIDAY」に放送。ヴォーカルのオオカミ、ドラム担当のウサギ、ベース担当のクマのとぼけたトリオが、素晴らしい森の歌を演奏する「グダグダアニメ ROG JAM」、間抜け面のネコやイヌがしっちゃかめっちゃかなことをする「Simon's Cat」、「実験アニメ」などがある。ただし夜ふかしワークショップが長引いたりして時間が迫っている場合には豪快にディスられることもある。ただ、ごくごく稀に「日ごろの恨みィィィィィィ!!!」と言わんばかりにこいつらが集団で夜ふかしワークショップを逆ディスすることもないこともない。

関連項目[編集]


この項目「Eテレ2355」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)