Portal:生物

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
酸素を大量に生み出し、生物の大型化を推進したシアノバクテリア
ポータル:生物

生物分野のアンポータルです。生物に関連した項目を探しやすくし、発展をうながすことを目的として開設、維持されています。各コーナーの説明はこのポータルについてを参照してください。

(左図解説) シアノバクテリアの光合成で産まれた酸素により、地球は静謐なる白き星から、厚顔無恥なる植物どもで溢れかえる毒々しき緑の星と化した。母なる大地を元の姿に戻すため、速やかなる全生物の絶滅が望まれる。

新着項目

ロマネスコ - ココナッツ - 古生代 - チューリップ - エノキタケ - 人面犬 - ボイン - 獣人 - アンテキヌス - 鬼 (生物) - ざんねんないきもの事典 - - 百合妊娠 - 萌え米 - ニラ - Party Parrot - カクサンデメキン - 花河童 - ‎新型コロナウイルス - カリフラワー - チーター - 探花 - 七面鳥 - アルパカ - チョウセンヒトモドキ - 亜人 - - ジョロウグモ - 薔薇 - なす - 鎌鼬 - ツバメ - 体臭 - - 蓮根 - オリヅル - ミジンコ - イリオモテヤマネコ - - 動物はあなたのごはんじゃない。- 権力の犬 - 細胞 - 山田パンダ - 巨女 - ユニコーン - フリコメサギ - ハルキゲニア - ケサランパサラン - グラフ - スピノサウルス - トリケラトプス - シャーガー - ボルボックス - クモ - 受精 - 蟻地獄 - テントウムシ - オートファジー - 緑のダム - 大量絶滅 - 先カンブリア時代 - 生物学の歴史 - 人の目 - フグ - ブラックバス - アウストラロピテクス - 子宮 - ハハコグサ - アミノ酸 - クチビル - 皮膚 - ゲンジボタル - スギヒラタケ - 梅毒 - タマゴタケ - - 血豆 - 食物繊維 - ジバクアリ

エノキタケとは、過激なダイエットで業界を生き抜いてきたキノコ界のアイドルである。

ニラとは、いわゆる雑草の一種。ミントや大葉と並ぶバイオテロ植物として、繁殖危険植物に指定されている。

Party Parrot(パーティーパロット)とは、近年インターネット上で多数目撃、報告されている虹色に輝きながら激しく動くオウムの一種である。